エンジン

「私はようやく一人暮らしを終わらせることができます。できるだけ早く同棲を始めたいのです」。
「私はできるだけ早く彼と同居したいのですが、トレーダーに最短時間を尋ねてください!」

横浜 引っ越 見積もりし
このように、私たちはまだ同居していないカップルと結婚することを決めた後、私はできるだけ早く同居したいと思います!考えるのは自然です。

私はその気持ちを知っています、しかしあなたがあなたの感情に動いているならば、あなたは何かを失うかもしれません。

これは、あなたがエンジンを使うとき、価格がシフトの時間、平日または休日、あなたが動いている荷物のサイズの時間によってかなり変わるかもしれないからです。

私はすぐに彼と一緒に住み始めたいのですが、私は私の人生の残りのために私の愛する人と一緒にいることができるので、私はそれについて心配する必要はありません。
結婚式や新婚旅行の準備には忙しいですが、移動できる日時をよく見てみましょう。

そこで今回は、驚くほど自分自身を節約し、高価な移動コストを節約し、スムーズに人生を始める方法を紹介します。

結婚式、新婚旅行、家具、コンテナなどにお金がかかるからです。新婚旅行の初めに、できるだけ多くのお金を費やすことなく、できるだけ多くを費やしましょう。

これからは、新婚夫婦になる人は誰でも見られるはずです

移動コストは驚くべきことです。 !市場価格はどのくらいですか?
生まれたばかりのカップルはどのくらい移動しますか?

住む人の場合、パッケージが最小であれば2万円程度移動できる業者がいますが、2人家族計画では8万円以上かかると言えます。以上の人。

しかし、これらの8万人は、貯蓄方法の違いや近距離での利用など、メリットがあるため、市場価格では25万円から35万円程度で決済できます。

もちろん、家の大きさ、荷物の大きさ、そして古い家と新しい家との間の距離が遠くにあるとすれば、それは50万円強になる可能性があります。
はい…コストはあなたが思うよりはるかに高いです!

もちろん、移動は重要であり、回避することはできません。しかし、それでもお金を使うのであれば、結婚式やハネムーンなど、覚えておくことにお金をかけたいと思うのは当然です。
だから我々は可能な限り節約する方法を見つけなければなりません。

私は花婿に聞いた!今考えてみると、体験談の歴史の失敗
すでに同棲を始めている新婚夫婦に、彼らの感想や経験を尋ねました。それから失敗の話が次々と出てきました(笑)

旅行の時間と結婚式の準備、仕事、宿題のようなことはあまり考えずに非常に多くのことを行ったが、あなたが今考えるなら、それは私が「もっと続けた」と考えることは珍しくない。

「新婚夫婦の公聴会!」を集めました。失敗したムーブストーリー “それでは一緒に確認しましょう。

彼はお互いに忙しかったので、もし彼が “イージーパック”で、梱包してすべてをやっていたら、想像以上にコストがかかりました。心配せずに自分で梱包するのがいいでしょう。
彼は転勤中に結婚して同居し始めたので、彼が他の人々と一緒に移動して無料の会社を見つけることは困難でした。もちろん、これは追加料金でした。
私は最もストレスが少ない土曜日の朝の時間を選ぶことを計画していました、しかしそれは私の財布に大きな打撃でした。
物を捨てることができないので、私は新しい家にたくさんの荷物を持っていくことにしました。荷物がたくさんあり、動かす価値がありました。
私は長距離旅行をもっと意識し、荷物の量を調整しなければなりませんでした。
移動の前後で忙しすぎて他にもたくさんの費用がかかるため、これはお金の意味を理解するのを難しくしますが、それを見るのは困難ですが、移動すると、どうなりますか。もっと節約しましたか?見直して申し訳ない人もたくさんいます。

これを回避するために、コストをシフトすることでコストをどのように節約できますか次の時点であなたに説明します!

若いカップルは見るべきです!移転費用を削減するためのテクニックは何ですか?
その後、移転費用を確実に削減するための手法を紹介します。これから紹介する情報は、頭の中にあるかどうかによって大きな違いがあります。

エネルギーを節約するために、以下のテクニックを考えましょう。

テクニック1.心配しているなんて言わないで!包装は最大の節約です
「私は忙しい、荷物を整理する時間がない」、「荷物がたくさんあるので処理できない」、中には最も時間のかかる梱包を売り手に求める人もいます。

ただし、演​​奏者に時間がかかると思うよう依頼した場合は、かなりの金額がかかることに注意してください。

梱包はオプションであり、請求計画に含まれていないため、移転費用は必然的に発生します。

引越しの申し出をすると、引越しの日時が決まったらすぐに、販売者から段ボールと梱包材をすぐに受け取り、前もって申し出を受けて梱包品を受け取ることができます。

そして、私は一度に移動する準備をするので心配しているので、「今日は台所です」や「今日は物事を捨てる日だ」などのトピックと配置の場所を決めます。これをお勧めします。

また、荷物の量を減らすために、同時にキャンセルを続行することをお勧めします。手荷物の絶対量を減らすと、トラックの大きさや作業員の数が変わり、安くなるかもしれません。

テクニック2.移動する場所があれば、無料で日時を指定してください。
速く移動する必要がない場合は、移動の日時を指定せずに無料プランを保存できます。

これは、引っ越している会社の都合に合わせて行われればコストを削減することができる秘密の技術です。

ただし、無料の日付と時刻の計画でも、平日と休日の日数を指定できる場合があるため、移動する人の少ない就業日を指定することをお勧めします。

もちろん、たとえそれが空いていても、トラックが前日に到着するのはいつかあなたに言うことができます、そしてそれが遅すぎるか遅すぎることはまずないので、運転手と連絡を取ってください。見てみましょう。

テクニック3.オフシーズンを抜け出す
旅行や観光の季節があるように、転勤の季節もあります。
まず第一に、学生の入学、社会人の雇用、社会人の異動の時期など、ほとんどの人にとっての環境は4月頃です。ピークは2月下旬から4月上旬までで、この時期は企業の移転が最も忙しい季節です。

次の活気のあるシーズンは、8月の後半から9月の前半までで、9月のシフトと一致しています。今度は、引っ越し会社が春であることを言わずに忙しい時です。

あなたがこれらの引っ越し会社の季節に影響を与えるならば、引っ越し料金が急上昇するだけでなく、望ましい日時が満たされて、そして新しい家と古い家のための契約が影響を受けて、無価値な日が現れることもまた可能です。

もちろん、仕事上の理由などから、これは引っ越し産業のシーズン中にしかできない場合があるかもしれませんが、それ以外の場合はオフシーズンの数を増やすことをお勧めします。 。

テクニック4。休日は高価です!移動費用を節約したい場合は、平日に限られます。
土曜日と日曜日に行きたい人はたくさんいます。

両方のカップルが平日に休むのは難しいことが多く、多くの人は休暇中に荷物を片付けたいと思っています。

ただし、できるだけ節約したい場合は、休日ではなく平日に移動する必要があります。

休日の間に多数の移動式家があるので、請負業者はスタッフと仕事の数を増やします、そしてもちろん、スタッフも休日手当を払わなければなりません。

そのため、振込手数料は上がります。

平日が快適な場合は、平日に移動する必要があります。日勤は休日に移動するのではなく移転するよりも20から30パーセント安くなります。

テクニック5.午後は午後、午後は午後より優れています
移動のコストを節約したい場合は、スケジュールだけでなく時間にも注意を払う必要があります。

最初の結論は、午後に移動するとナンバーワンの価格が下がる可能性があるということです。これは、主に朝のタイムゾーンを希望するユーザーが多いためです。

1つ目の理由は、朝の動きを終えることができれば、午後の掃除と同じ日の掃除ができるということです。

また、午後の移動を要求した場合は、アシスタントは別の朝を行い、その後あなたに戻ります。
この場合、午前中の仕事の内容によっては、時間通りに到着できないことがあり、この時間に午前中に移動しようとする多くの人々は判読できないことがあります。

したがって、午前中に人気のある配信を回避し、午後に配信を指定することでコストを削減できます。

重要なことは、複数の企業から適切な評価を得ることです。
これまで、安価な輸送コストを削減するための5つの手法を紹介しました。頭の中に置いておくか、覚えておくためにメモを取ることをお勧めします。

そして何よりもまず、複数のプロバイダーからの転職の見積もりを取得することが重要です。

同じ動きでも、移転費用は製造業者によって異なります。
より安いサプライヤーを見つけるためには、別のサプライヤーからのオファーを求めることが非常に重要ですそして最も安い製造者を見つけなさい。

あなたが私にそんなに多くの問題を尋ねるなら!私は思いますが、最近あなたがあなたの情報を入力するとき一度にいくつかの会社に見積もりを与えるインターネットサイトがあるので、どうしてもすべての手段を試してみませんか?

また、電話で直接オペレータに電話して、移動できるかどうかを確認するために使用できる計画を尋ねることもできます。

これは交渉のための一般的なテクニックですが、他の評価と比較して売り手の割引を交渉しようとしても損失はありません。

引っ越しのコストを節約したい場合は、会社を選ばずに引っ越し会社を選ぶのに時間をかけることをお勧めします。

引っ越しを考えているのなら、すぐに何人かのベンダーからオファーを受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です