複雑な仕組み

女性の病気は男性の10倍治りにくいという話が東洋医学の古い記述の中には

あるようです。女性の体は生理というものがあるために複雑な仕組みを持っています。ですから病気も複雑になるのかもしれません。1ヶ月の中で大きく変化するだけでなく、女性ホルモンは年々少し越変化し続けまた出産と妊娠のときには劇的に変化します。このような女性ホルモンの変化は当然肌にも大きな影響を与えるということができます。この女性ホルモンは大きく分けて黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二つ種類があるといえます。黄体ホルモンは生理前に分泌されるホルモンのことです。これにより、皮脂分泌がふえてニキビができたり心をできやすくなると言われています。むくみやイライラの原因にもなるのもこの黄体ホルモンということができます。このような生理前の黄体ホルモンによる影響は普段の生活が不規則だったりストレスが強かったりするとより強く現れるといえます。ルルルンプレシャスクリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です