微量

ホルモンはそれぞれの臓器から血液中に分泌され極微量で身体の様々な活動

に多大な影響を与えています。一生涯かけてすっ分人に配分ぐらいしか分泌されないというふうに言われています。いろいろなホルモンがありますが、例えば成長ホルモンは背を伸ばしたりとかインシュリンは血糖値をコントロールし、また性ホルモンは男女の区別を作ります。ホルモンは微量であったとしても影響力が非常に大きいものですから必要量より多くも少なくもならないように厳密に体内で量が今冬ロールできるようになっています。これを人為的にふやすとするならば体はたちまちそれに反応して体内で作る量を減らしてしまいます。これはフィードバックシステムと言います。このようなシス組があるためにホルモン剤を安易に飲むと体内で作る分を減らしてしまうということになります。薬の中でもホルモン剤は副作用の強い部類に入るといえます。そのため特定の病気の治療にしか用いません。シンリーボーテ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です