少々

観る者をぐるりと囲むみたいな感じで、
フレキュレル

それぞれが隣同士の作品と多少の離されたかたちで、壁面に掛けられてという展示方法になってました。その様子はまさに圧巻!作品それぞれのサイズは比較的大きいものでした。世界に写真も映像も登場してない世の中で、最も有力な手段であったファッション・プレートと呼ばれる手段。さまざまな時代で流行していたモードを通じてきらびやかな女性たちの装いに触れられるというわけです。体の脂肪を移してしまうボディメイクヒーリングについて、まさに今、太ももの脂肪を胸へと動かしてしまうことをやっている真っ最中です。どうも移動した脂肪は落ち着いているということでした!

いわゆるヒーラーあるあるってお聞きになったことございますか?沢山の人の中だとなぜか頭が痛くなる、宇宙エネルギーにやたらと刺激を受ける、無意識に人間を凝視してしまう、打ち合わせもしてないのにブログに載せるネタが重なる。その他いろいろ。今度もまた新しいデザインについては、ヒントは既製品からもらったんです。でもなんだか前に進まず、延々くり返し直しています。あとちょっとで出来上がりまでたどり着けると思います。このところマウリッツハイス展だとかベルリン展なんかに作品が来日をしていたようですが、この画家の作風と言えば空を描いた描き方が特徴的です。とにかくまず最初に目を魅かれる部分は空だと言っていいと思うんです。損をしないようにするにはウォーターサーバー人気ランキングを試してみてください。

つらつらガイドブックを眺めていると結構こんなスポットも行きたくなっちゃう。長崎県立美術館がそれ。見た目もオシャレでもあり、有名な観光コースにもほど近い感じだし、せっかくだし立ち寄りたいです。”兵庫ダンス競技会”という大会に出るということで三宮ホール(兵庫・神戸)を訪れました。ここの会場には初めて来ました。大きなコンサートもできるホールですので、非常に設備の整った場所で感動しました。刺繍をほどこした作品がいっぱい掲載されているんだけど、かねがね「刺繍とコラボするとかできれば楽しそうだなあ」とか考えつつ、刺繍まで手を伸ばすというのは結構難しいのがリアルな現状です。それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です