固定金利型の住宅ローン

固定金利型の住宅ローン返済について見ていきましょう。
リペアジェル

ローンを利用してマイホームの購入をするのが一般的ですが、その際に固定金利型のローンを組まれた方もいると思います。固定金利型のローンは、経済情勢などで上下する金利にとらわれずにローンを返済したいような人に向いています。確かに今は低金利が続いていますが、景気が上向きになると金利が上がる可能性もあります。自分の給料も一緒に上がれば問題ありませんが、毎月の返済額が増えることを心配する人も多いのでは無いでしょうか。月々の支払いの他にボーナス払いなどのやり方を通して、固定金利型ローンで高くなりがちな金利の影響を小さくするようなローン商品もあるようです。ただし、住宅ローンの返済にあてるボーナス払いの度合いが大きいというのにも問題があります。ボーナスが減ってしまったりした時に返済がきつくなるためです。あくまでボーナスは臨時のものとして、返済を繰り上げるための資金と捉えるべきでしょう。固定金利でローンを組んだ方がよい場合もあります。返済すべき金額が大きい場合や、ローンの定期的な見直しをするのが面倒な場合、子供の教育費がかさむような場合などです。返済期間が30年とか35年など、借り入れ年数が長い人にもおすすめです。毎月の支払い金額に無理がなく、金利の上昇や状況に惑わされずにローン返済をしたい人には固定金利が良いでしょう。住宅ローンの返済は20~30年先まで続くでしょうから、ローンの返済が終わるまで短期金利がずっと低いままである保証はありません。心配ならば、固定金利を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です