何かを成し得る人

何かを成し得る人というのは、

えてして「少しだけ読めない人」と言われていたりする。空気が読めなかったりするからこそ普通の視点では思いもつかない発想が出せるのだ。どう考えても埒が明かないと考えるようなことをやってしまう人がいる。そういう人は、一心に進むべき道に邁進しておりそれ以外の事柄は切り捨てている。少女漫画の主人公のように思うとおりに行かないと拗ねていばりんぼだけれど好きな人に対しては奥手で彼女に似合う男になろうと変わっていこうとする人に釘づけだ。それにしても実際にいると嫌になるはずだ。

ある一点でどうしても外せないという事を持つ人は一本筋が通っているように映る。家族その他、みんな迷惑するし厄介な事になってもどうあっても自分のポリシーを貫き通すのはすごい。学生時代からの仲間とどういった具合で話しているかは結構気になる。私といる時と特に変わらずゆったりとしている人は裏表がないのでこちらもゆったりできる。絶対に職場の人はターゲットにならないという人もいるけれど、会社勤めをしていれば長時間職場で過ごしているのでそんな形で枠を自分で作ってしまうと出逢うチャンスが減る。それより柔軟になっても世界は広がる。

男女問わず普通では見られない顔を見るとびっくりして新鮮に映る事はある。怖い人の優しい振る舞いなど特にそうだ。さらにそれを上手く取り入れている人は天晴だ。実の両親に接する際ソフトに表現できるのはすごい事だ。かくいう私はどうかというと、家族に対して優しくは話せないからだ。そういう人はかっこよすぎて自分と違う人種に見える。お勧めは電験3種スピード合格術 計算問題マスターセットですよ!タイヤが空回りする音がするので窓から表の道路を見てみたらワゴン車が雪にはまっていた。あれよあれよとご近所さんが道を作ってあげていた。都会もそれなりに人情が残っている。次回をお楽しみに。ちゅらりも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です